MENU

失業中は無職と判断される

キャッシング審査を通るために重要なのは、お金を返せることです。安定した収入があることです。ですから失業中は審査を通りません。いわゆる就職ではなく投資などでちゃんと収入を得ているから、返済をすることはできる、という意見もあります。

 

しかしそれならちゃんと個人事業主として開業しないと、青色申告での確定申告ができないなど、税金の支払いにデメリットがある状態になってしまいます。ちゃんと開業していないなら、ごく短期間しかその仕事をしていないか、稼ぎが少ないかのどちらかです。つまり、収入がゼロではない、ただの無職というわけです。

 

失業中の審査パスに必要はことは

審査に通るためには安定収入、ということでアルバイトを始めると良いでしょう。ブログのアフィリエイト収入、などと言われるよりも説得力が違います。正社員よりも入ってくるお金の量が少ないですが、定期的な収入があることは大切です。

 

勤務先があることは審査を通る過程でとても大切

消費者金融や銀行のカードローンは、審査をする過程で、勤務先への在籍の確認、があります。これは確認作業の中の一つとして固定化されているものであり、これができない場合は審査を通らなくなりやすいです。特に、この勤務先への確認が必須の金融機関の場合は確実に弾かれます。無職扱いになってしまうからです。ですからここでの審査を突破するためにも、アルバイト、というのがわかりやすく簡単で良いのです。

 

ちゃんと手続きをすれば自営業でも良いのだが

ただし上に書いたように、自営業者としてちゃんと開業届を出せば、自営業でもOKです。でも、開業届ってどのくらい大変な手続きがあるのだろう、と思ってしまいますが、実際、開業届は紙一枚で、しかも住所や従業員数などを書けばいいようなごくごく簡単なものです。自宅を利用して、自分ひとりで仕事をするというのなら記入すべき部分はさらに簡略化できます。

 

自営業者の場合は、確定申告をして、それを収入の証明書として出す必要があります。ここで注意が必要なのが、確定申告の書類を出せるのは確定申告の後です。時期によっては来年まで待たないと書類が出せません。その間にどうするか困っているからキャッシングをしたいわけですから、現実問題、そこまで待っていられないという場合はアルバイトになるわけです。

 

派遣や契約社員でもいい

アルバイト以上に、派遣社員や契約社員の方が信頼度は高くなります。アルバイト以上に収入があれば、返済の信用ができるからです。またその中でも、自動車工場の期間工、となると仕事がきつくなる分、給料も多く、信頼度が高いので審査を通りやすくなります。すぐにお金が欲しい場合は、こういった仕事をし、かつキャッシングをするようにすれば、手にできるお金の額は多くなります。

 

すでに借金がある場合はすぐお金がもらえる仕事を

借金がすでにある場合でアルバイトをしようというなら、給料は月払いよりも週払い、日払いが良いです。というのは、借金があってお金を借りたい場合、ちょっとでも借金を減らしたほうが審査を通りやすいのです。

 

つまり一部でも返済していくのが重要

一気に全額返済ができるようならキャッシングをすぐしたい、とは思わないでしょう。だからといって諦めるのではなく、3万円、いや1万円でも返せば違います。意味が無いじゃないかと思うかもしれませんが、そうなふうに考えて返さない人は多いのです。そんな中で、この人はちょっとずつでも返そうという意志が感じられます。

 

返すことが一番の意思表示

こうして少額を返済してキャッシングの審査を通ろうとする場合、気になることがあります。こんな返し方をするなら、ああ、打算的に1万円だけ返しているんだな、と思われることが気になるかもしれません。しかし重要な点を忘れてはいけないのは、打算的であろうと、少額であろうと、実際にお金を返しています。返済に関して一番の誠意は、お金を返すことなのです。どれだけ安定した収入があっても返さない人は誠意がなく、返す人は誠意がある人なのです。ですから自分に返せる額を返す人は誠意がある人でしかないのです。

 

実際に、こうした少額でもこつこつ返済をしようという人と、ちょっと手元にお金があったほうがいいしまとまったお金ができあがってから返そうかな、という人では、その後の延滞率や遅延も、統計的データで違いが見られます。

 

ですから、すでに借り入れがあって失業している場合、そのままキャッシングを申し込もうというのではなく、日払いのアルバイトなどをして、ちょっとでも減らして、誠意を見せることは審査をパスすることにつながります。打算でもなんでもお金を返すことは誠意、だと覚えましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日