MENU

在籍確認はどのように実行されるのか

キャッシングの審査では、他のローン等と同様に職場への在籍確認が必要です。借り入れをするには返済能力がなければなりませんが、収入の有無はその最たるものです。

 

キャッシングを申し込む時には、勤務先について必ず申告する事になります。その勤務先に本当に勤めているかどうかを確認するのはどうしても避けて通る事はできません。在籍確認をしないという事になると、勤務先について虚偽の申告をする人も出てきてしまうかもしれません。収入がなければ借金を返済する事ができませんので、キャッシング会社にとってもとても重要な確認事項なのです。

 

勤務先にキャッシング会社から電話がいってしまう事に抵抗を感じる場合もあるでしょう。ただ、住宅ローンや自動車ローンなどの審査の時も、実は在籍確認というのは行われています。しかも銀行の場合には銀行名を名乗ったうえでの確認となっています。その点で消費者金融の在籍確認は会社の名前を名乗りませんので、金融業者からの電話であるようには思われません。

 

さらに、場合によっては電話での在籍確認ではなくて書類で済ませる事ができたりすることもあります。個人信用情報は必ず審査で見られますが、そこでも勤務先情報やこれまでの借金の利用実績が記録されていて、二重にチェックする事にもなります。

 

消費者金融の場合には、電話確認以外の方法が可能かどうか、相談してみると他の方法を教えてくれるかもしれないので、各業者に問い合わせをしてみましょう。また、WEB完結という申し込み方法だとはじめから電話確認がないというような場合もあります。その際には本人確認以外の書類が必要になるので、事前によく確認しましょう。

 

在籍確認の具体的なケース

勤務先に電話が来るとはいっても、込み入った話などは一切なく案外簡単に終わってしまうものです。消費者金融の場合スタッフ個人の名前を名乗り、申し込み者の方の名前を尋ねてきますが、いるかいないかの問いだけでもちろんその用件について他の人に伝言するわけでもありません。

 

本人がその場にいれば代わって確認しますし、いなければいないで今は席を外していますというような返事をしていれば、その会社には在籍しているというように認めてもらえます。金融業者の方はとてもこの作業に慣れていますので、申込者本人が職場で困るような対応で確認の電話をかけてくるような方法はとりません。電話をかけてくる日時などを指定して、なるべく自分で電話に出たいようであればそれも前もって相談する事が可能ですし、何かと融通は利く場合が多くなっています。

 

銀行のカードローンの審査の場合は、他の金融商品同様に銀行名で勤務先に電話をする事になります。これは他の方法に変わる事はありません。もちろん審査の目的がカードローン審査の為ですとも言いませんので大丈夫です。

 

ただ、だれでも銀行からなにかしらのローン等を組んでいる事は多く、そのような電話は会社にはよくかかってくるもので慣れている場合が多いですから、あまり過度に神経質になる必要もないでしょう。

 

勤務先の電話確認が難しい場合

銀行であれば銀行名を名乗るので、会社側が本人につながないとか、お答えできませんなどといって在籍確認ができないという事態にはなりにくいですが、消費者金融の場合には社名を名乗らないので、個人情報の観点からもやたらに答えないといったケースも起きてくるかもしれません。事前にそのような事が予想されるようであれば、申し込みの際に申告しておきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日