MENU

即日だからといって審査は甘くはならない!

即日キャッシングとはその名の通り、申し込みをしたその日に借り入れができるキャッシングのことです。申し込み完了から審査、そして融資までその日のうちに行いますので、時間が掛かる審査が甘いのではないか、と思っている人もいるかも知れませんが、そんなことはありません。

 

通常のキャッシングの申し込みと同様の審査を行っています。審査の大部分をコンピュータで自動的に行うことで審査に掛かる時間を短縮することが可能になった為、最近では多くの業者でこの即日キャッシングが行われています。

 

コンピュータで行っても、甘くなっているようなことは一切ありません。各キャッシング業者ともほぼ同様なシステムを採用しており、その業者の過去の膨大な取り引きデータなどから融資をしても大丈夫だと判断できるポイントを独自に設定しており、申し込んだ人の情報を数値化したものがそのポイントまで達しないと融資を行うのは危険だと判断され、審査で落とされてしまいます。このシステムのお陰で人力に頼らずに審査が可能になった為、早いと30分程度で審査の結果を出すことができます。

 

また現在では平日だけに限らず、土日や祝日でも即日キャッシングが可能です。これにはキャッシング業者が設置している自動契約機を利用します。もちろん営業時間がありますが、大抵の業者では21時まで営業しています。この営業時間中に審査を通過できれば、その場でキャッシング用のカードが発行されます。それを使ってその場でキャッシングすることができます。

 

キャッシング利用の際には在籍確認が必ずある

キャッシングの契約の際には在籍確認というものがあり、その人が申し込み書類に記載されている会社や職場に本当に在籍しているのかを確認する作業ですが、平日であれば電話を掛けて確認を行います。もちろんキャッシング業者の名など名乗らず、友人を装って掛けてきますので職場にそれと分かるような心配はまずありません。

 

ですが土日や祝日の場合はこの会社への在籍確認はどうするのか、という疑問があるかも知れません。会社が営業していない日や時間帯の場合、これは確かに在籍していると証明できる書類の提出によって行います。この時必要になる書類とは、給与明細票や源泉徴収票などの収入証明書や社会保険証、または社員証などです。これらの提出により、その会社に確かに在籍しているという証明になります。

 

ここで気をつけなくてはいけないのは、申し込み時が明らかに会社への在籍確認の電話ができる日や時間でない場合、書類だけで大丈夫だと勝手に思い込んでしまうことです。その旨を申し込み書類にきちんと明記しておかないと、電話への在籍確認がとれるまで審査が終わらない可能性があります。この場合は当然ですが、即日キャッシングは難しくなります。業者によっても違いますが、申込用紙に書類で在籍を証明する、といった記入欄がありますので、そこへの記入を忘れないようにしてください。またそれが無い場合は備え付けのインターホーンでその旨を伝えてください。

 

即日融資の審査スピードは早い

消費者金融からのキャッシングだけでなく、最近では銀行のカードローンでも即日融資に対応していることがあります。特に大手の消費者金融と提携している銀行ではその消費者金融から提供された審査システムを利用していることが多く、審査のスピードも消費者金融と変わらず30分程度で終わるようなことも多いです。

 

ですが銀行ですので、審査の基準は多少厳しいと思ってください。即日キャッシングを希望する場合は消費者金融の方がいいかも知れません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日