MENU

キャッシングの痕跡を残さず内緒で利用するポイント

キャッシングサービスを家族に内緒で利用することは難しくはありません。しかし、しっかりと痕跡を消しておかないと意外なタイミングでキャッシング利用がバレてしまう可能性があります。

 

うっかりバレてしまわないように家族にキャッシングを隠す時に注意すべき3つのポイントを紹介します。

 

通帳バレで家族にキャッシング利用がバレるパターン

家族にキャッシングがバレるパターンで多いケースと言えば通帳バレです。家庭にもよりますが通帳を一括管理しているような場合は特に注意する必要があります。

 

キャッシングを利用すれば必ず返済をする必要があるわけですが、銀行口座からの振替を利用すると取引が記帳されることになります。特にインターネットバンキングのサービスを利用していると口座振替はとても簡単に行えますから油断しがちです。その場で記帳する事はなくても後でまとめて記帳を行い取引内容をチェックでもされれば一発でバレてしまうでしょう。

 

このように通帳に取引履歴を残さないために有効な手段がATMを利用しての返済です。提携ATMを利用すれば当然ですが口座の通帳には何も痕跡が残りません。明細書もその場で発行されますから見つかる前に処分する事ができます。明細書をいつまでも残しておくことも危険ですから、なるべく早めに処分してしまうと良いでしょう。

 

ローンカードを見られてキャッシング利用がバレるパターン

次に多いバレるパターンは、ずばりローンカードを見られるというケースです。ローンカードは通常財布の中に入れている事が多いと思いますが、財布から取り出す事もあるでしょう。

 

ローンカードは見た目が分かりやすいものが多く、家族が何らかの機会に同様のカードを見たことがあれば一瞬でも気づくかもしれません。特に財布からローンカードを取り出した際には十分に取り扱いに注意しましょう。目につくような場所に放置することは論外です。

 

財布の中に入れたままでも家族がたまたま目にする機会がないとは言い切れません。なるべく別のカードの裏に仕込むなど目に付かないよう努力をするべきでしょう。また、万が一ローンカードを見られてもキャッシング利用がばれにくい銀行のキャッシュカードと一体型のものを利用するという手段もあります。一見キャッシュカードにしか見えませんから、まず怪しい動きをしていなければバレません。

 

さて、これまでの2つは注意していれば回避しやすいものでした。しかしもう1つ最重要なポイントがあります。

 

返済を滞納して督促でキャッシング利用がバレるパターン

それは返済を滞納して督促でキャッシング利用がバレるケースです。実はこの判明の仕方も少なくなりので注意が必要です。通常の場合だと滞納してもまずは携帯電話に連絡があります。それでも支払いが行われない場合はハガキや固定電話への連絡へとステップが進んで行きます。もちろんこの時点でもなるべく周りの人にはバレないように気を使ってくれます。

 

業者名などは伏せて個人からの連絡という形をとってくれますが、こうした電話やハガキが来ていれば勘のよい人は気付いてしまう可能性があります。また、こうした督促では支払いが行われないと判断された場合は最終的に分かりやすい督促状等が届くことになります。こうなってしまえばバレることは必至でしょう。

 

督促を行われないためには基本的に返済日にしっかりと返済を行う事が大切です。もしどうしても間に合わないようであれば連絡を入れるようにしましょう。連絡をすることで利息分のみをとりあえず支払うといった対応方法を提示してくれます。

 

もちろん予定額の返済が可能な方が良いのは当然です。しかし業者としては利息も込みでしっかりと返済してくれるのであれば無理に取立てを続ける意味がありません。きちんと事情を説明して支払いを待ってもらうという方法が非常に有効です。

 

借金の返済をするために他社からの借金という方法だけは避けるようにしましょう。多重債務はトラブルの元ですからどんな理由であれ手を出してはいけません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日