MENU

夜遅くでも自動契約機ならば申し込みができます

キャッシング会社のサイトを閲覧してみましょう。大抵の会社は、申込日にお金を貸すという即日融資を大きく掲げているはずです。キャッシング会社が即日融資をできるのは、口座にお金を振りこむ方法を採用しているからです。

 

そのためお金を振りこむことができるのは銀行の営業時間内だけでして、その間に振り込み手続きが完了しないと即日融資を受けることができないのです。ですので絶対に即日融資を受けたい場合は、できる限り早い時間帯に申込をするようにしましょう。

 

銀行の閉店時間は15時ですので、それまでに振り込み手続きが終わるようにするには、最低14時ぐらいまでにはキャッシング会社の審査手続きが終わっていることが必要となります。どんなキャッシング会社でも審査に時間が掛かりますので、即日融資を受けるためには平日の正午までに申し込み手続きを終わらせていないと安心できないでしょう。

 

最短で借入れできるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

現在のキャッシングの申し込みはWeb経由が主流

現在キャッシングの申し込みは電話に加えてネット回線を使えば、パソコンでもできますし、スマホやケータイを利用したWEB申し込みにも対応しています。そのため昼間の空き時間に申し込みだけを済ませて、審査結果が来るのを待つという手も使えます。ほとんどのキャッシング会社は9時から営業を始めますから、その頃申し込みをすれば、ほぼ確実に即日融資が可能となるでしょう。

 

ただ「忙しいので申し込みをする時間を午前中に取ることができない」とか「午後になって急にお金が必要なことが起こった」とかいうこともありえます。そういう時は、慌てず大手と呼ばれるキャッシング会社に申し込みをしましょう。キャッシング会社の大手は、日本全国至る所に自動契約機を設置しています。そしてこの自動契約機、大抵のものは21時まで稼働しているのです。

 

自動契約機の手続きですぐにカード発行

自動契約機を通して手続きを行えば、すぐにローンカードが作られます。そしてそのカードをキャッシング会社やキャッシング会社が提携してるATMで使えば、お金を借りることができるのです。仕事の合間にWEB申し込みをしてもいいですし、自動契約機で手続きをしてもいいです。

 

WEB申し込みをして融資可能という審査結果が出たら、カードだけを自動契約機で受け取るということもできます。キャッシングの審査では、申込書の記載に間違いがないか調べるため、皆さんの職場に在籍確認を行います。そのため申し込みをした時間によっては在籍確認ができず、審査結果が出るのが翌日になるのではと思われる方もおられるでしょう。

 

細かい点はキャッシング会社よって違いますが、大抵のキャッシング会社ならば職場の営業時間が終わった後であっても、融資可能なはずです。実際のところ、健康保険証など偽造が難しいものを提示すれば、それを一時的に在籍確認とするキャッシング会社も存在します。

 

ただしその分融資額が10万円とか少額になる場合が多いのですが。そして後日正式な在籍確認が終了後に通常の借入限度額にするのです。便利な自動契約機は、年末年始を除けば、土日祝日を問わず深夜まで稼働していますので、急にお金が必要になった場合でも安心です。

 

最近のキャッシングは時間・曜日に関係なくすぐに借入れ可能

これに加えて、大手キャッシング会社の一部では、一定の金融機関と提携することで利便性を向上させています。提携している金融機関に口座があると、即日振込がすぐに反映させるというサービスを提供している場合があるのです。

 

流石にメンテナンス中は無理ですが、それ以外なら大抵の時間帯に申し込みからの即日振込がすぐに反映されます。つまり提携金融機関のサービスを使えば、時間や曜日に関係無くキャッシングでお金を確保できるのです。これ以外にも、銀行のカードローンで即日融資に対応しているところもあります。

 

テレビ窓口といって、自動契約機に類似したシステムを開発し、銀行の営業時間外の夜遅くでも即日融資が可能となっているのです。銀行のカードローンは金利が低めに設定してありますので、利用することを考えてもいいかもしれませんね。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日