MENU

消費者金融ならば50万円、銀行カードローンなら100万円〜300万円まで!

キャッシングなどでお金を借りる場合が初めての場合、念のために収入証明書を準備しておこうと考える方もいると思います。でも安心してください、ある種の職種の方を除いてですが消費者金融の場合は50万円まで、銀行カードローンならば100万円〜300万円まで収入証明書の提出無しでのキャッシング可能です。

 

しかし、収入がやや不安定とされる職種、例えば自営業、会社経営をしている人は借入額をいくらに設定しても収入証明書の提出が必要になります。ではキャッシング審査の際の収入証明書の提出について詳しく見てみましょう。

大手消費者金融では収入証明書の必要ないのは50万円まで

大手消費者金融、具体的にはプロミス、モビット、アコム、アイフル、ノーローンの5社については50万円まで収入証明書は必要ありません。レイクも大手消費者金融に数えられがちですが銀行系のカードローンです。収入証明書の必要ない金額は100万円までになります。

 

消費者金融での金額が50万円に設定されている理由ですが貸金業法に関係があります。2010年に貸金業法が改定され「1社での借り入れが50万円を超えたら収入証明書を確認する」と義務付けられました。そのために各業者で一律50万円という値段を設定されているだけなんです。

 

もちろん、少額での収入証明書の確認を行っても構わないのですが手間がかかり過ぎるという事で50万円に設定されたということです。業務のスマート化が理由だったわけですね。

 

銀行カードローンでは収入証明書の必要がないのは100万円〜300万円まで

銀行カードローンでは100万円〜300万円までが収入証明書の必要なしと、消費者金融よりも大きな枠での金額が設定されています。100万円〜300万円と幅のある設定ではありますが100万円〜200万円で収入証明書の確認を行っている銀行はごく一部です。ほとんどの大手銀行が300万円まで大丈夫と考えていいでしょう。

 

収入証明書の確認を100万円としている銀行には、三菱UFJ銀行、バンクイック、住信SBIネット銀行(MR.フリーローン)があります。また、地方銀行では多くの銀行が100万円で収入証明書の確認をしていますが大手銀行で収入証明書の確認をする銀行は少ないようです。

 

200万円で収入証明書の確認を行っている大手銀行はみずほ銀行のみのようです。地方銀行ですといくつかあるようですが金額がハンパなせいか大手銀行ではほとんど見られません。残りのほとんどの大手銀行カードローン(三井住友銀行、オリックス銀行、イオン銀行、楽天銀行、住信SBIネットプレミアムコースなど)は収入証明書が不用な額を300万円に設定しています。

 

300万円設定の理由はやはり確認の手間(コスト)を省くためでしょう。確認の数が多くなればなるほど処理能力は落ちますのでその点を考慮したためです。また、設定金額を300万円と少し多めに設定する事で景気良く見せる事ができるからといった宣伝的要素も含んでいるようです。

 

100万円、200万円と低めに設定している大手銀行に関しては銀行としてのブランドが確立されているといったようにとらえており、むしろ貸し倒れのリスクを下げる方を優先しているようです。多少の手間(コスト)は承知の上で収入証明書の確認をしています。

 

設定金額に達していなくても収入証明書の確認が必要な場合

上記のように100万円、200万円、300万円という基準で収入証明書の提出の有無を説明しましたが、この金額に満たなくても特殊な場合には収入証明書が必要になります。ではどういった場合に必要になるのでしょうか。

 

まず、複数社での借り入れを行っている場合に必要になる場合があります。例えば、A社とB社からそれぞれ40万円の借り入れをしていたとします。この時既に借入額の合計は80万円ですのでもう一社C社から20万円の借り入れをした場合、C社へ収入証明書の提出が必要になります。

 

これは2010年の改正の時に貸金業法で「複数社での借入総額が100万円に達したら、収入証明書が必要である」といった内容が定められたからです。ちなみに提出書類は源泉徴収票、給与明細、納税証明書などになっています。

 

また、個人事業主や法人経営者が借り入れを希望した場合も収入証明書の提出が必須になります。個人事業主、法人経営者はやや不安定な職業として捉えられていて借入金額が少額であっても収入証明書を求められます。ちなみに個人事業主や法人経営者が収入証明書として提出する書類は確定申告書や納税証明書などを提出しています。

 

専業主婦にもおすすめのカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

専業主婦の借り入れについて

専業主婦の場合、収入がありませんので借り入れは不可能かと思われがちですが「配偶者貸付」があります。「配偶者貸付」とは「夫の収入」によって銀行のカードローンで借り入れをする事です。この場合、夫の収入証明書の提出の必要はありません。

 

住民票と自分の証明書だけで借り入れが可能で、夫の同意書も不要の銀行もあります。金額も多くの銀行カードローンは30万円、楽天銀行スーパーローンやイオン銀行カードローンなどの一部銀行カードローンが50万円と一律で決められている場合が多くなっています。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日