MENU

勤務先、勤続年数、年収は審査の重要なポイント

審査で重要な項目は色々ありますが、返済能力を知るためにはやはり収入に関係する事柄は結果に大きく作用します。

 

キャッシングに申し込むには様々な個人の状況を申告しなければなりませんが、その中には勤務先の所在地や電話番号、その会社での勤続年数や年収等が含まれています。

 

自己申告だけでそのまま信用してもらうのは無理なので、審査の時には勤務先に電話をして在籍確認をしたり、収入証明書を確認したり、個人信用情報機関に記録されている情報を照会したりと様々な角度から調査される事になります。

 

すぐにわかるお試し審査で簡単チェック!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

勤務先

どんな形の融資でも審査は行いますが、その際に重要視されるのが個人の属性といわれる部分です。その属性のひとつとして、どのような職種かによって信用度が全く違います。

 

例えば公務員は誰もが認める安定職で、勤務先が倒産する心配がありません。ですから公務員はその勤務先に勤めている限りは安定した収入が確実に得られるという安心感があります。

 

そのため金融機関からの信用が最も高いのが公務員となっています。勤務先以外の部分が同じ条件だったとしても、公務員ならば審査に通り、そうでない場合には審査に落ちるといった現象もおこる可能性があるほと公務員への信用は絶大で、金融業界の常識ともなっている代表的な例です。

 

そうは言っても勤務先が全てというわけではありませんので、たとえ公務員であっても過去に延滞履歴があったり、収入に対してめいいっぱいの借金をしているなどの状況であれば審査には通りません。務先の規模が大きくて、社会的に安定した企業と見なされていればやはり信用度は上がりますし、小さい会社の場合には不安定と判断されて信用が低めになってしまう事もあります。

 

また、個人事業主は収入が最も安定しないと見なされてしまうので、圧倒的に収入の少ないパートやアルバイトの人よりも信用が低くなってしまうのが現実です。そのため希望限度額がどれだけ少なかったとしても、個人事業主だけは確定申告書の控え等を提出して収入の状況を証明しなければならないのです。

 

勤続年数

勤続年数も審査の内容を左右する部分です。住宅ローンなど多額の融資であれば年単位での勤続年数を求められます。

 

ただし、キャッシングの場合にはそれほど長い年数である必要がない事もありますので、まだ勤務し始めて1年経っておらず、源泉徴収票などが用意できないならば給与明細書でも対応できる事がありますので、勤続年数に不安があるならば各金融機関に相談してみる事をおすすめします。

 

限度額が少ないのであれば、回収不能リスクも小さい事からわりと簡単に融資まで進める事も多いので、直近2カ月分ぐらいの給与明細書を用意しておくと安心です。

 

年収

年収の額については多ければいいのは確かですが、多いからといって確実に審査に通るかどうかは別の問題です。消費者金融だと収入の3分の1までの融資が可能ですが、住宅ローンや自動車ローンを除いた借金がすでにその額に達しているのであれば、いくら安定して多額の収入があってもそれに見合った返済能力があるとは言えません。

 

それでも収入が多ければその分多くの金額を借りる事ができるわけですが、その分だけ返済しなければならないという点では条件は皆同じようなものです。逆に収入が多いために返済できるだろうという安心感を持ち過ぎてしまい、安易に借り過ぎてしまうという問題も起こりやすくなるかもしれません。

 

高収入の世帯は人づきあい等にかかる費用もかなり多くなってしまって、身の丈を超えた支出がどんどん増えて家計が圧迫されるといった事例も少なくありません。収入が多いと限度額も多くできますし、他社からの借り入れもしやすいでしょう。

 

多重債務に陥るのは収入が少なくて最低限の生活にも困っている人がなるものだと考える場合もあるかもしれませんが、実は高収入の人が多く陥りがちな現実もあるのです。

 

以上の事からもわかるようにどんな人でも借金にはリスクがありますし、どれほど信用を得て融資を受けた人であっても、その後の利用の仕方によってはあっという間に多重債務や返済不能に陥る危険があるのです。

 

審査に通過するにあたって、その人の勤務先や勤続年数、収入によって有利か不利かという事実はあるにしても、自分は大丈夫だと安心してしまうのではなく、借りたお金を計画的にきちんと返済するようにしていくよう十分に注意する事はとても大切です。

キャッシング審査のポイントについて

ウソをついてお金を借りられるほど、キャッシング会社は甘くありません。自分の経済状態に見合ったキャッシング会社を探し、正しい申し込みをしましょう。

 

キャッシング審査と聞いて「どんなことを審査しているのか」が気になる人は多いと思います。果たしてどんな部分を見られているのか、どんな部分が大切なのか、詳しく知っている人はあまりいないでしょう。私も審査経験がありますが、結果が出るまでに時間がかかり、通過するのかしないのかをドキドキしながら待っていた経験があります。

 

そういったキャッシングの不安を解消できるように、ここではキャッシングの審査に関してのポイントをお伝えしていきます。最初に大事なことがあります。それは「ウソをつかない」ということです。キャッシングの審査に落ちる人の大半が過去に延滞事故を起こしていたり、虚偽申告をしたがために審査落ちをしているという事実があるのです。

 

しかし、この事実を逆に取れば、延滞事故がなく、虚偽申告もなければ高確率で審査に通過するということも言えます。借入額が大きくても金額を正直に申告し、間違いのない情報を記載することは後々、自分にとってもキャッシング会社にとっても間違いのない大きな正確な情報となって残りますから、虚偽申告はバレる可能性が高いのでやめたほうが無難です。

 

どの会社から借りるのか

キャッシングの審査に関して大事なのは、金利、限度額、収入証明書提出の有無といったところについて確認をしておくことです。キャッシング会社は近年、多くの会社が貸付サービスを行っており、種類も多いので、少しでも自分の現在の条件に合致したキャッシンッグ業者を選び、審査を申し込むというのも、キャッシングのコツとしては大事なところなのです。

 

近年ではネットや電話のみで審査が終わる業者も存在しますし、返済や借入に関して柔軟に対応してくれる業者も確かに存在します。キャッシングのコツとしては、最初に低い額を申請しておいて、後で限度額を引き上げるという方法があります。

 

というのも、キャッシング会社は最初から高い金額を申し込まれると、実績もないのになぜこんなに多額融資が必要なのだろうというように勘ぐり、まず審査は通しません。ですから、最初は低い限度額で申し込んでおき、審査に通過したら限度額を上げるという相談をキャッシング会社側に行うというのがよいでしょう。

 

そのほうが審査には通りやすくなりますし、自分の望む金額を借り入れることが可能となります。もしこの方法を取るなら、大手銀行の傘下になっている業者のほうがよいでしょう。確認となりますが、審査に通過するにはウソをつかないこと、そして自分の現状に合った業者を選ぶことが大事です。

 

  • ウソをついて申請しても、その情報は全てバレますのでやめましょう。
  • 延滞事故や債務整理の過去がなければ、ほぼ審査には通ります。
  • 限度額は低めに設定しておき、後で引き上げるようにしましょう。

 

まとめ

審査にあたっては申請情報を正しく記載することが一番大切です。そして利用限度額は低めに設定し、契約後に限度額を引き上げる相談をしましょう。

 

そのためには何度か利用実績を積まないといけない場合もありますが、それはキャッシング会社からしても当然のことなので、数回利用してから申請したほうが限度額引き上げの交渉はしやすくなるばかりか、向こうから引き上げについて郵送されてくる場合もあります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日